いいねボタン

掃除機って色んな種類があるけどどれがいいの?

投稿日:

お客さんからの問い合わせでものすごく多いのが

「掃除機って色んなのがあるけどどれが良いの?」というのが一番多いです。

確かにスティックかキャニスターか、サイクロンか紙パックか等選択肢が多く、どれが良いのか迷ってしまいますよね。

今回は大まかに「こういう人にはこういう掃除機がオススメ!」という所をお話していきます。




掃除機の種類

キャニスター型とスティック型

キャニスター型

昔ながらの形の掃除機ですね。

子供の頃の記憶はこの掃除機という方は多いのではないでしょうか?

本体がついており、電源供給をしてあげることで掃除ができるタイプです。

コチラは概してパワーが強く、更に電源供給をしてあげてることから途中でバッテリー切れ等の心配もありません。

ホースも長く、ある程度自由に口向きを変えることも出来るのでかゆいところにも手が届きやすいです。

欠点としては電源供給をしなければいけないため、コンセント口のある所でしか使えないという点と

スティック型に比べて本体が大きいので、本体重量と取り回しに苦労する所です。

なので、取り回しづらい一人暮らしなどの家庭には非常に不向きです。

家が戸建てだったりして広く、スティック型の充電で賄えない場合のメイン掃除機として使用されることがほとんど。

ペットが居たりして毛が絡んだ絨毯などにもパワーの面から向いているため、そういったご家庭にもオススメできます。

スティック型

ダイソンで一躍有名になったこの型です。

今では一人暮らしやダイニング周りの汚れやすい場所専用だったりサブの掃除機として広く使用されています。

スティック型の最大の特徴は軽くて何処にでも簡単に持ち運びが出来ること。

また、ほとんどの製品がバッテリー式の為、屋外で車の中での使用などにも向いています。

欠点はキャニスター型に比べてパワーが落ちることと、ほとんどが本体のゴミ取り等でお手入れをしてあげなければいけない所です。

よってあくまでもサブで使用したり、細かい所をサッと掃除する用にあると便利なことが多いです。

もちろん、一人暮らしやアパート暮らし等の狭いお家ではメイン掃除機として活躍してくれること間違いなしです。

サイクロン型と紙パック型

サイクロン型

ゴミと一緒に空気を吸い込み、遠心力の力で空気とゴミに分別してゴミを吸い取る方式です。

最大の利点は何と言っても紙パックが必要ないため、ランニングコストがかかりません。

フィルターレスの物であれば重量も重くないですし、煩わしいフィルター掃除も必要ありません。

こんなのですね。

ただ欠点としては上位の製品じゃないと基本的にフィルターの掃除が必須なのと、本体が重くなる事が多いです。

上位の製品はそれらの欠点を補えますが単純に高いです。

また、紙パック式に比べてやはり吸引力がどうしてもネックになります。

多少の手間をかけてもランニングコストをかけたくない方や、毎日掃除機をかけたりと掃除の頻度が高い方におすすめです。

紙パック型

皆さんお馴染み。日本の家庭では一番広く普及しています。

ゴミを吸い込んで紙パックに貯めていく方式です。

空気は紙パックの中を通って外に出てくるため、紙パックの性能が上がれば上がるほど排気はキレイになります。

尚、各社共通のものは使わないで下さい。所詮は汎用品ですのでどうしても排気がキレイになりづらいです。

吸引力も強く、紙パックを換えればフィルターも新しくなりますのでお手入れもほとんど必要ありません。

欠点はやはり紙パックを使用することによる買い物の煩わしさとランニングコストですね。

掃除をする回数が少なかったり、ランニングコストはそこまで気にならない方がコチラを買うべきだと思います。

まとめ

今回は掃除機の選び方を簡単ではありますがご紹介しました。

次回は商品を見ていきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-おすすめ最新家電, 一人暮らし特集, 選ぶポイント

Copyright© 家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます , 2018 AllRights Reserved.