いいねボタン

現在底値!洗濯機、テレビ特集!テレビ編。2018年決定版。

投稿日:

現在底値!洗濯機、テレビ特集!洗濯機編。2018年決定版。

コチラの記事の続きです。

洗濯機の価格は現在発売当初の約半額位になっていますが、テレビは実を言うとそこまでではありません。

それでも3-4割は安くなっているのと、テレビはピンキリで高い物になればなるほど値引率が良くなります。

その辺りも鑑みながらおすすめ商品をご紹介していきます。




今抑えたいテレビのオススメ商品!

東芝 REGZA 50M510X

東芝よりエントリーモデルです。

そういえば余談ですがREGZAってドイツ語の「Regzam(躍動感)」という所から来てる造語だそうです。

(*´∀`)何でドイツ語なんだろう・・・

特筆すべきはそのお値段。

国産、50インチ、HDR対応、ネット機能もという中で破格となっています。

これくらいの価格であればリビングだけでなく客間やセカンドルーム等にも良いかもしれませんね。

SONY BRAVIA KJ-55X9000E

ソニーより高画質モデルです。

上記の東芝の商品より画面が明るく、また動きに強い倍速液晶を備えています。

AndroidTVですのでネット機能は言わずもがな。

最近流行りの壁掛けもスッキリするような筐体になっています。

その分スピーカーが結構貧弱なので音にこだわりたい方は別途シアターバーを用意するか、もう一つ上位の9500Eが良いですね。

パナソニック VIERA TH-55EZ950

パナソニック有機ELです。

国内(といってもパネルはLGですが)モデル有機ELでは最安値。更に高画質ということでチョイスです。

以前の有機ELに関する記事

有機EL、各社出揃いました。

【4Kテレビ】液晶VS有機EL。どっちが良いのか比較してみた。

画面の焼付きやパネル寿命ですが、残念ながらどこのメーカーも「非公表だが液晶よりは短い」という事を明言してしまっています。

割り切って高画質のテレビを見たいという方向けです。

まとめ

今回は前回に続き、テレビの処分おすすめ機種をご案内しました。

手に入る、購入できるのは本当に今だけです。

高画質を低価格で手に入れて満足していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-たろっさの何でもQ&A

Copyright© 家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます , 2018 AllRights Reserved.