いいねボタン

MDやビデオテープ、カセットテープを使いたい!と言う方向け。

投稿日:

今では使われなくなったメディアの

  • ビデオテープ
  • カセットテープ
  • ivカセット
  • MD(ミニディスク)
  • デジタルビデオテープ

こんなのをお持ちの方も多いと思います。

かくいう僕も子供の頃は映画を見たり録画をするのはビデオテープでしたし、音楽を聴くとなるとカセットテープかミニディスクでした。

今でこそ繰り返し書き込みができるCD-RWやDVD-RWなんかは当たり前に売られていますが、MOという何度でも書き込みが出来るCDメディアは当時画期的でした。

しかしながら現在はSDカードかUSBメモリで事足りる時代。メディアはブルーレイに取って代わってしまいました。

こうなってくると昔の媒体に記録されているものを書き込むことはおろか、読み込むのすら一苦労の時代です。

そこで今回は出来るだけ安くアナログのデータを読み出したりデジタルに変換できる商品と方法をご紹介します。

メディアごとの最安の使用方法まとめ

ビデオテープ、デジタルビデオテープ

ビデオテープの場合は現在ビデオデッキを生産しているメーカーはありません。

海賊版の視聴だけ出来るビデオデッキとか無いわけでは無いですが、もう替えの利かない記録をそれで使用するのはちょっと怖いです。

という訳でデジタル化して保存をオススメします。

デジタルビデオテープも一緒でビデオデッキで再生するかアナログビデオカメラで再生するかの違いだけです。

PCがある場合はコチラでPCと接続し、ビデオテープを再生するだけです。

PCに画面が映りますので、それをデスクトップで録画してあげればOKです。

PCがない場合はコレ。

ビデオデッキ、ビデオカメラからコレを繋いで再生するだけです。

後はSDカードにデジタル保存。楽ちん。

大切な想い出のビデオテープをDVDにダビング!【想い出ビデオDVDダビング工房】

量が多いor再生できる物がもう無い場合。

ここのサービスを利用しましょう。

1本辺り格安でDVDへダビングしてくれます。

多少テープが傷んでいてもしっかり対応してくれます。

カセットテープ

今回挙げる中では割と現役感の強いメディアではあります。

アナログが再注目されてきている時代ですので、コレに関しては割と手段があります。

こんなナリして実を言うとBluetooth搭載。

SDカードも対応しますので、カセットテープをデジタル化することも可能です。

こういった商品を使用すればカセットテープは結構な確率でどうにでもなります。

ivカセット

日立Woooの内蔵カセットHDDとして発売されました。

今の外付けのHDD録画みたいに面倒な制約はほとんど無く、他の対応製品に載せ替えても全く問題なく録画した物を見ることが出来ます。

物凄い便利だったんですが、日立がテレビの生産ライン縮小に伴い、徐々に姿を消していってしまいました。

再生だけであればコチラで可能です。

普通のプレイヤーなので何も考えずにテレビ接続すればそれでOK。

物凄い値が張りますが、録画やBDへ取り込みたい場合はコチラ。

どうしても捨てられない記録がある場合はコチラもご検討下さい。

MD

恐らく今回紹介する中で一番やっかいなメディア。

歳が15くらい離れている従兄弟とこの前話した時に何それって言われたことに衝撃を受けました。

一瞬流行りかけて速攻廃れたメディアですね。

小さいのは良かったんですがいかんせん音飛びと本体自体があまりにも脆かったんですよね・・・

さて、これのデータを取り出す方法なんですが・・・

コレになります。

ティアック以外にMDプレイヤーを生産しているメーカーは世界探してもありません。

これだけなんです。

ティアックがやめるのは考えづらいですが、無くなってしまうと手段が皆無になります。

まとめ

今回は往年の媒体の再生や保存方法についてお話しました。

家のどこかにきっとこういった物はあると思います。

何とかなる今のうちに悔いの残らないようにしておきましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-おすすめ最新家電

Copyright© 家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます , 2018 AllRights Reserved.