いいねボタン

Bluetoothの規格まとめ。きちんと見ないと痛い目を見ます。

投稿日:

今や無線の接続規格として欠かせない存在となっているBluetooth。

皆さんの中にはもスマホやタブレットに無線でイヤホンやキーボード等を接続している方もいらっしゃるはず。

ただココ最近、Bluetoothの機器が増えすぎて「Bluetoothって書いてあれば何でも大丈夫でしょ?」という声も聞こえてくるようになりました。

全くそんな事はありません・・・!

という訳で今回は間違えやすいBluetoothの規格のまとめと間違えるとどうなるかという所をお話していきます。

Bluetoothの様々な規格

コーデック

音源とBluetooth機器の間を無線でやり取りするに当たり、無線で電波として飛ばすためにBluetoothに変換する作業を音源はします。

分かりやすく言えばその変換した形式の事をコーデックと呼んでいます。

現行主に使われているのは4種類。

SBC

Bluetooth規格の全ての元になる規格です。

これに対応していないとそもそもBluetoothじゃありません。

最もグレードが低く、機器によってはかなりの音の遅延、音ズレが発生します。

圧縮率も高く、高温域が潰れちゃったり音割れしちゃったりなんてこともあったりします。

最近は技術革新によりかなりマシになってきましたがそれでもやっぱり音ズレなんかは気になる機器が多いです。

機器のパッケージにコーデックの欄が無ければコレです。

AAC

主にApple製品に使用されています。

iPhoneやiPadなんかは全てコレに対応。

itunesの圧縮方式なんですが、低圧縮、高音質であることが特徴です。

同じ音源でも安いMP3プレイヤーとiPhoneの音質が違うのはこのためです。

SBCとはかなり違うので聴き比べれば分かります。

apt-x

CD音源の原音に最も近いと言われている音質です。

主に最近のAndroid端末で使用されています。

圧縮もほとんどされず、非常に綺麗な音質です。

更にAndroidユーザーはほとんどがゲーム使用をしているというデータから、無線で飛ばした際の遅延を少なくしている改良コーデックも出ています(apt-xローレイテンシー)

スマホ持ちの方はコレに対応しているか確認してみましょう。

プロファイル

一番大事。

例えばソニーのAndroidテレビにはBluetoothが付いています。

が、残念ながらキーボード等は付けられますがヘッドホンやイヤホンは付けられません。

これは音源を送信するためのプロファイルがテレビ側に備わっていないためです。

送信側、受信側共に同じものに対応していないと使用することが出来ません。

よく使われるものをいくつかご紹介しておきます。

A2DP

音楽を送受信するために必要なプロファイルです。

Bluetoothイヤホン、ヘッドホンは必須の機能です。

コレが付くことによって音楽の無線のやり取りが可能になります。

AVRCP

接続後、イヤホンやヘッドホンは手元のリモコンスイッチを押せばスマホやウォークマンなどの音源の音量を調節したり、再生/一時停止等が操作できますよね?

その操作するための電波の送受信を行えるようにするためのプロファイルです。

HFP

スマホ等と接続する際、接続したヘッドセットの方で電話を受けたりかけたりする事が出来るようにするためのプロファイルです。

俗に言う「ハンズフリー会話」を行うための物です。

HSP

スマホ-ヘッドセット間で音声会話の送受信を行うためのプロファイルです。

HFPとセットで用いられます。

まとめ

今回は簡単にですがBluetoothの規格についてまとめてみました。

この辺の裏に書いてあることを読み飛ばすと自分でやりたかったことが出来なかったり、使用できないなんてことに繋がりかねません。

皆さんも気をつけて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-たろっさの何でもQ&A

Copyright© 家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます , 2018 AllRights Reserved.