いいねボタン

LANケーブルの違いって?カテゴリ毎にそんなに違うの?

投稿日:

最近は何でも無線で繋がる時代になり、LANケーブルの需要も緩やかに減少傾向にあります。

ただ、ネットゲームや長時間の動画サイト視聴等、安定した通信品質が求められる場合はまだまだ有線は根強いです。

かく言う僕もPCとゲーム機に関しては全て有線接続にしてあります。ゲームやるとどうしてもね・・・

ただ、そんな時に気を付けて欲しいのがLANケーブルの選び方。

今回はそんなLANケーブルの選び方と良し悪しについてお話していきます。

LANケーブルの選び方

カテゴリーで選ぶ

LANケーブルのパッケージを見ると「CAT6」とか「CAT5e」とか書いてあります。

実はこの数字がかなり大事で、LANケーブルごとに出る速度が違うんです。

「5」は100Mbps、「5e、6」は1Gbps、「6A~」は10Gbps以上となっています。

よくご相談を受ける内容として

「光回線で1Gで契約してるのに速度が全然出ない!」といった話をもらったりします。

この場合、いろんな要因が考えられますが、よーく話を聞いてみると7-8年前のモデムに付いてきたLANケーブルをそのまま使用していたりすることがあります。

それをモデムと元のルーターに接続していたそうです。

そうなるとこんな感じ。

この場合、元のLANケーブルが遅いのでルーター、PS、PC全て速度が遅くなります。

相談してきてくれた方のお家を確認した所、そこがCAT4のケーブルでした。

10Mbpsですね。ADSLレベル。

当然そのままでは速度が出ませんのでそこをCAT6にしてあげた所、劇的に速度が変わったそうです。良かった良かった。

現在の日本のネット回線では6A以上を選択しておけばまず間違いはありません。

一番早いNURO光が2Gbpsですからね。

そういえばNURO 光現在キャンペーン中です。

今ならキャッシュバック35,000円に加え、40,000円の工事費用が実質無料です。

乗換の違約金を負担してくれたりするんで問い合わせだけでもしてみると良いかもしれません。

という事で光回線を使用しているのであれば10Gbps以降に対応している6A以上を選んでおけば間違いありません。

線の形式で選ぶ

ルーターとPCを有線接続する際、その距離が近ければ問題ありませんが場合によっては隣の部屋まで取り回さなければいけなかったり、狭い隙間を這わせたりなんて言うことも出てきます。

こうなった場合、普通の丸型のケーブルだと途中で引っかかったりして断線をしてしまう可能性があります。

断線になるとどこが悪いか調べるのも一苦労ですし、何より這わせる作業をまた一からやらなければいけません。

そんな時はケーブルをフラットタイプにし、ドアや障害物に引っかからないようにしてあげるのも大事なことです。

その他にも屋外を通すための隙間ケーブルなんかもありますね。

屋内の配線を目立たなくするために一箇所外に出したりなんて言うのも取り回し方法としては大いにありです。

他にも爪が折れづらく、しっかりとロックしてくれるタイプやケーブル自体が柔らかくて断線に強い物なんかもあります。

自分の環境に応じて選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は意外と蔑ろにされがちなLANケーブルの選び方をお話しました。

全てCAT8やCAT7Aで揃えろとは言いません。かなり高価になりますし・・・

ただ、大事な場所に関してはそういった物を使用するのも一つかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-PC雑記, おすすめ最新家電, 最安ネット比較

Copyright© 家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます , 2018 AllRights Reserved.