いいねボタン

プロがガチで選ぶオススメ無線ルーター!2017年決定版!

投稿日:

先日接客をしている時にお客さんにこんな事を聞かれました。

「ルーターって同じ数字だとかでも値段違うけどどうして?」

「電波の飛びが一番良いルーターを教えて!」

そういえばここ最近光回線の記事は書いてるけど、ルーターに関しては触れてなかったなーと思いました。

という訳で今回はルーターの選び方のポイントと、たろっさがオススメするルーターのご紹介です。

スポンサードリンク

無線ルーターは何を基準に選べば良いの?

5GHzと2.4GHz併用の物を選ぼう

よくルーターの箱に「867+300」やら「1300+600」等が書いてあります。

前半部分が5GHz帯の理論値(SSIDにAが付いている方)、後半部分が2.4GHz帯の理論値(SSIDのGが付いている方)です。

当然数値が高い方が速度も出ますし、通信も安定します。

5GHzの特徴として

  • 速度が速い
  • 接続が安定している
  • 他の通信機器の干渉を受けにくい
  • 障害物には弱め

等が挙げられます。

対する2.4GHz帯は

  • 通信機器以外の電波を発する物のほとんどが2.4GHzを使用しているため、電波の混線が起こりやすい
  • 速度があまり出ず、通信も途切れがち
  • 障害物には強い

という事になります。

つまり、ほぼすべてのケースにおいて5GHzの方が優れているといえます。

今の時代、ほとんどの通信機器が5GHz帯の電波に対応しています。

iphoneもそうですし、ここ5年程度のスマホはほとんど5GHzを使用できます。

今は5GHz対応のルーターと非対応のルーターでは物によっては価格はほとんど変わりませんし、必ず5GHzも対応しているものを選びましょう。

 

アンテナ数が多いものを選ぼう

内蔵されているか外に出ているかは筐体を見れば一瞬でわかります。

マンションタイプを使用している方は2×2本以上、戸建ての方は必ず3×3以上のルーターを選びましょう。

両者ともそれ以下になると電波の繋がりが悪かったり、繋がらない部屋が出てきたりします。

パッケージに書いてあればそれを読めば良いのですが、書いていない場合は

  1 2 3 4
2.4GHz 150Mbps 300Mbps 450Mbps 600Mbps
5GHz 433Mbps 867Mbps 1300Mbps 1730Mbps

この様になります。

電波の飛びの確保も踏まえ、ここはしっかり見るようにしましょう。

 

有線の速度を気にしよう

現行のルーターにおいて、有線の速度は

「100base」「1000base」

この2種類がほとんどになります。

ADSL、ケーブルテレビ等では100Mまででも間に合う場合がありますが、光回線のギガプランの場合、後者じゃないと定格通りの速度を発揮してくれなくなります(ボトルネック状態)。

現状ほとんど値段が変わりませんので、同じ速度、同じアンテナ数であれば1000baseの方を選びましょう。

 

この3つをクリアさえしていれば後は価格と電波の飛びの問題です。

次項はいよいよたろっさオススメのルーターになります。

2017年のオススメルーター

第5位.ASUS RT-AC88U

いきなりマニア向けですが、ASUSからハイエンドルーターです。

とりあえずこれ付けとけば部屋の何処にいても届かないということはありません。

それくらい強力です。

ただ、一般の使用を考える場合に

  • 自分で飛ばす電波のSSIDとPASSやポートを指定してあげないといけない
  • 直感的に操作出来るとは言え、設定項目多すぎて使いこなすのは至難の業
  • でかい。置き場所が・・・

等の理由を踏まえてこの順位です。

場所もあってある程度知識もあって自分のやりたい事が決まってるという方にはうってつけです。

 

第4位.NEC PA-WG1200HP2

NECのミドルスペックの無線ルーターです。

価格と性能のバランスが良いのと、設定の簡単さからチョイスしました。

最近のモデルはどれもそうですが

ルーターにアクセス→プロバイダからのIDとPASSを入力→ルーター再起動

このプロセスだけでしっかりと繋がってくれるのは良いことですね。

※NECのマニュアルに「らくらくQRセットアップ」って云うのがありますが、これは全く当てになりません。

私も自分のやお客さんのを数え切れないほど設定してきましたが、これで上手くいったことの方が少ないです。

必ず「SSIDに接続→プロバイダのIDとPASS入力」で設定しましょう。

 

第3位.I-ODATA WN-AX1167GR

I-ODATAから、この性能で5,000円台という究極のコストパフォーマンスを誇ります。

一通りの重要な機能は押さえた上で電波の飛びの改善に一役買う「360コネクト」という独自規格を敷いています。

2階に設置したルーターで1階と3階をフォローしたりする場合に、360°届かない場所を作らないというビームフォーミングに似た機能が備わっております。

実際に使用しましたが、この価格帯でずば抜けた電波の到達度でした。

とりあえずお手軽に始めたい方には是非ともオススメしたいです。

 

第2位.ASUS RT-AC68U

5位の商品より小さく、お値段もお手頃で電波の到達具合はそんなに変わりません。

コチラは一般の方にも大変オススメできます。

更にこちらはSSID等もきちんと自動で振ってくれるため、初期設定もルーターに接続してブラウザを立ち上げ、IDとPASSを入力するだけです。

多分NECより簡単じゃないかなー?

 

第1位.Buffalo WXR-1900DHP2

仕事柄、各メーカーさんからルーターをそれぞれ10個ずつ位借りて、計40個位のルーターを3箇所位でテストしていた時の事です。

誇張でも何でも無く、コンクリートの分厚い壁2枚挟んだ環境で5GHzが安定して接続できたのはこの機種のみでした。

現行だとDHP3が出ているのですが、筐体が変わっていなくても中身が変わっているようで不具合が出まくっているのと、こちらがまだまだ現役であることからDHP2をチョイスしています。

設定も流石バッファロー、非常に明快です。

これで分からないとなると無線ルーター諦めた方が良いかもしれません。

何はともあれ速度も安定しており、電波の飛びや設定の明快さ、各種機能の充実と現状最強ルーターの一角であるのは間違いありません。

 

まとめ

折角良い回線を使用していても、その先の伝達路が悪いと全体として残念な速度しか出ないことが多々あります。

ルーターを見直すだけで速度が劇的に改善する場合もあります。

これを機に皆さんもルーター購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-プロオススメ最新家電, 家電ガチ比較, 黒物家電

Copyright© 家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます , 2017 AllRights Reserved.